老眼手術

老眼とは

老眼は本来老視と言います。「もしかしたら自分は老眼かもしれない」そう思った時のショックは、大層なものです。気が付くきっかけは、新聞の文字が見えづらい、部屋のシミや埃を見逃すなど様々です。

 

解説する私

昔の人が、老眼の示準に星を使っていたことが天文ファンの間では有名です。

 

その名もずばり「四十ぐれ」「寿命星」です。北斗七星のアルコルという星です。この星は「添え星」と呼ばれて他の星にくっついているのですが、とても光が弱いのです。

 

そのため、アラビア、ギリシャ・ローマ、日本などで、目の力の検査に使われました。怖い話は「見えなかったら年内に死ぬ」というものです。

 

都市伝説のようですが、昔は平均寿命が短かったため、老眼になるという事は寿命が近いという事でした。

 

織田信長が舞った幸若舞敦盛の語句「人生50年、下天のうちをくらぶれば」という句にもその様子が克明に現われています。

 

また、弓矢とる身は目が見えなくなったら、敵に殺される可能性が高くなります。それは農夫でも同じです。作業の途中で事故死したり、役立たずのレッテルを貼られて口減らしにあったりする可能性もあるわけです。

 

しかし、今、日本は100歳の方も珍しくない長寿国です。

 

私は今30歳ですが、もしお迎えを神様が忘れたら、今ある両目を70年、80年使っていくことになります。皆様も、定められた時間ものを毎日見ることになります。

 

眼鏡やコンタクトもありますが、出来たら「素」の目で、色々なものをみたいですね。老眼の手術についての情報をこのサイトではご一緒に検証します。

 

さあ、目のアンチエイジングに向けて一歩踏み出しましょう。

 

 

最新の老眼治療

 

最新の老眼治療はテレビなんかでも取り上げられましたが、ビュープラスというものです。

 

このビュープラスは、raindropという水を70%以上含有している透明なレンズを角膜実質内に挿入することにより、角膜の中央が暑くなって中心の屈折力が増加し、近くや中間が見えやすくなるというものです。

 

異物感というものもなく、効果は半永久的といわれています。

 

このビュープラスという最新の老眼手術を受けるのならSBC新宿近視クリニックがいいかと思います。ここは経験も豊富なドクターがそろっているので安心ですから。

 

場所は東京の新宿・銀座、横浜、大阪の4店舗あります。大事な目の手術ですから安心してうけることが出来るSBC新宿近視クリニックにしておいた方がいいと思いますよ。

 

まずは、ドクターにいろいろ相談するのが大事ですので、ネットから予約して、実際に行ってみていろいろ相談するといいですよ(*^^)v

 

≫SBC新宿近視クリニックの公式サイトはこちら